0 +
研究は私たちのチームによってレビューされました
0 +
研究はASTRに統合されています
0 +
治療とフォローアップビデオ
0 +
研究はASTRのモデルをサポートしています

ASTRスペシャリティは生物心理社会的治療モデルです

1. 痛みに対する治療オプションの有効性の評価:文献レビュー

2.首の痛みのある患者に対する高度な軟組織放出(ASTR)の長期および短期の治療結果(後ろ向きコホート研究)

 

11. 慢性的な腰痛、首または肩の痛みに対する学際的なリハビリテーションプログラムの病欠への影響:通常の治療との比較。

13. 慢性疼痛の治療への生物心理社会的アプローチ。

32. 慢性腰痛に対する集学的治療の結果に対する慢性のグレードの影響

35. ウィリアムズ、アマンダ他:痛みのコミュニケーションの生物心理社会的定式化 

36. Liossi、ChristinaおよびHoward、Richard:小児の慢性疼痛:生物心理社会的評価および処方

37. Mazic-de Sonis、Agnes:マルチモーダル生物心理社会的疼痛管理における鍼灸

38. 菊池真一:腰痛の新しい概念:生物心理社会的疼痛症候群

39.   Hadjistavropoulos、Thomas et al:痛みのコミュニケーションの生物心理社会的定式化

40. Michalski、Dominik et al:多発性硬化症患者の痛み:定量的および定性的測定を含む複雑な評価は、疾患に関連する生物心理社会的痛みモデルを提供します

41. Holm、Sara et al:プライマリケアの子供と青年がどのように痛みに対処するか、そして痛みに関連する障害と相関する生物心理社会的要因

42. 性別/性別および実験的な痛みの知覚に関する10年間の研究の系統的文献レビュー-パート1:女性と男性の間に本当に違いがありますか?

43. オーストラリアの青年における首の姿勢クラスターとそれらの生物心理社会的要因および首の痛みとの関連 

44. 痛み:生物心理社会的メカニズムと管理 

45. 多発性硬化症の痛み:生物心理社会的視点 

46. 慢性腰痛のための学際的リハビリテーション:系統的レビュー。 

47. 慢性腰痛患者における生物心理社会的機能と疼痛自己効力感。 

48. 生物心理社会的要因と座位のスランプの程度と青年期の腰痛の自己報告との関連:横断的研究。 

49. 理学療法士に生物心理社会的治療プログラムを提供するように教えることは、より良い患者の転帰をもたらしますか?ランダム化比較試験。